ほら、中性脂肪値と判定について思うこと

中性脂肪値が増加する元凶とは?

暮らしのパターンが過大にかかわります。

中性脂肪の基準値が超える原因には、専ら次のものが考えられます。

  • ・大飯食い
  • ・深酒
  • ・カロリー消費不足
  • ・DNA的傾向

特にこの中で影響が強いのは、過食と運動が足りないこと。

悪食で行き過ぎた摂取カロリー量が常に摂ったり、活動不足で熱量の減り方が少量だと、冗多なエネルギーは中性脂肪にコンバートされ、筋肉の外側や臓腑の脂肪組織に貯留されます。

がぶ飲みは、体脂肪を解離するリポ蛋白リパーゼという消化酵素(Digestive enzyme)の効用を萎えさせることによって、中性脂肪の検査結果を上げるのです。

また、お酒を飲むことによって食が進みやすく、気にしていても暴飲暴食してしまったりが介して中性脂肪(トリグリセリド)を増大させる結果にシンクロします。

DNA情報によっての結末って約三割、トレーニングなどによる日常習慣の作用は70パーセントということなのです。

往々にしてのパターンで暮らしの習慣を見返す振る舞いをすれば、中性脂肪の検査結果の操作が成り行くでしょう。