太陽光を浴びることでサンバーンしてしまう仕組み

長時間、太陽光をうけていると日焼けをすることは、大抵のかたがわかっているんです。日に焼けてしまう元になるUVとは、一体どのような物なのか。

紫外線というのは、太陽の光の1つで、性質をA波、B波紫外線、C波紫外線に区分けする事が出来るのです。ガラス窓の様な透き通ったものでは、UVA波自体を防ぐ事は出来ず、皮ふへと到達してしまいます。ガラスを挟んで太陽光線を浴びてたときや、車で移動をする時にも、太陽光a波というものは通り抜けるため陽焼けしちゃうのですよ。

一方、UVB波というものはオゾン層で遮断出来る為、雲の多い日や、雨降りの日少なくなります。気候によって照射の量が変化する紫外線光の量というのは、この紫外線光b波なのです。

UVc波が日に焼ける事に関係はないんです。何故なら、太陽光C波は雲を抜けないからです。

a波というのは、窓ガラスを抜けることが可能である為、肌の奥深い部分の真皮層へと到達するのですが、有毒度合で言うのならB波ほどではないと言われています。

皮膚の日焼けのことを考えるとしたら、部屋で紫外線をあびるため、常時対処を施す必要のあるUVなのです。肌の色が黒くなってしまうことが、サンバーンの効果ではじゃ無いのです。しみやくすみが増加するし、肌のたるみや肌の老化元にもなるものなのです。

UVで肌焼けをするというのは、お肌を防ぐ為にメラニンの色素を増やす、防御反応です。黒く焼けてしまった元気な印象を人に与えるのですが、肌年齢の観点で考えるとお肌にとってはいいこととは言えない為、そのための対処法が必要なのです。