投薬治療と生活習慣病

生活環境やライフスタイルの変貌、仕事場や自宅における難題や煩雑な人との関係など、日本人の毎日はいろんなストレスでいっぱいです。
便秘をなおす食事、あるいはビフィズス菌などを増加させてくれる食事、生活習慣病の可能性を少なくすると考えられている食事、免疫力を向上することもあり得る食事、どれでもベースとなるものは同じでしょう。
生活習性のうっ積がけん引となって発症、そして進行すると推定されている生活習慣病とはかなりありますが、主な疾患は6つのカテゴリーに分けられるようです。
プロポリスの代表的な働きである抗菌・抗炎症作用がシミやニキビなどにそのパワーを及ぼします。場合によっては肌の劣化を防ぎ、若々しい状態を再び戻すことも無理ではないと考えられています。
投薬治療では、普通は生活習慣病は「治った」とは言えないでしょう。専門家も「薬を飲み続ければ治るでしょう」と言わないと思いませんか?